藁工ミュージアム

コンセプト展覧会案内開館時間と入館料過去の展覧会ミュージアム日記


Exhibition 展覧会


WONDER!~爆発的な表現力から生まれたちょっぴり笑えるキャラクター~

7月3日(水)~9月1日(日)

概要

睨みつけるような吊り目でおかっぱの女の子をモチーフにした作品で知られる奈良美智や、高級ファッションブランドとのコラボレーションでも一躍有名になった、つぶらな瞳で大きく口をあけて笑うカラフルな花の作品で知られる村上隆など、それぞれの代名詞ともなる“キャラクター”を作りだしている現代アーティストはたくさんいます。今回紹介する4名は美術界ではまだ知る人ぞ知る存在ですが、前出の作家同様、代名詞となるような“キャラクター”を彷彿とさせる作品を制作しています。
大川誠は内に秘める爆発的なエネルギーを羊毛フェルトにぶつけ、人形「makoot」を生み出しています。大原菜穂子は驚くほどのスピードでいさぎよく、極めてシンプルなおびただしい数の人形「菜穂子地蔵」を作りだしていきます。既存のアニメキャラクターをもオリジナルのものにしてしまいシニカルな笑いを生み出すなかむらなおし、現実と非現実の間を自由に行きかい、毒気も感じさせるストーリーが笑いを誘う世界に引き込む古郡加奈子。彼らのつくりだす“キャラクター”には、笑いを与えてくれるユーモアさがあり、見る者の心をほぐしてくれます。また、作家本人の分身ともいえる “キャラクター”たちは力づよいエネルギーを発し、見る者の心を惹きつけてやみません。
作家が創造主となって生み出す“キャラクター”とその作品世界、無から有を生み出す”爆発的な表現力”をぜひ感じとってください。

出展作家作家プロフィール

大川誠(おおかわ まこと/1976~、大阪)/アトリエコーナス所属

2005年より絵画作品制作を始める。その後、原羊毛によるフェルト人形「makoot」の制作開始。
みんなをひっぱるがむしゃら行動派。いたずら者だが憎めない大川さん。フェルト人形作りは、いまでは本人のライフスタイルとなっている。

大原菜穂子(おおはら なほこ/1971~、滋賀)/やまなみ工房所属

入所して24年、手が汚れるのが嫌で一切粘土に触ることなく2年が過ぎたある日、それまでの事が嘘のように自分から席に着き、にこやかに粘土を触りだした。作風は今も変わらない。一体の人形に要する時間は約一分。表情は同じようで全て違うがどれもにこやかに微笑んでいるように見える。作り上げた数は3万体を超え、その意欲はまだ衰えることはない。

なかむらなおし(なかむら なおし/1975年~、高知)/アート作家

埼玉県生まれ。セツ・モードセミナー卒業。
レストランのコック、ウエイター、客を主体にした作品やサラリーマンをテーマにした作品をイラスト、絵本などの平面作品から紙人形など立体作品まで幅広く制作している。

古郡加奈子(ふるごおり かなこ/1985~、東京)/絵本作家

東京生まれ。高知大学人文学部人間文化学科卒業。
大学卒業後、絵本の制作を始める。ダメな人々がゆるく活躍する絵本「くノ一ウマ子」シリーズが代表作。chojin clubというグループにも参加している。

関連企画

先着30名限定!!なかむらなおしさんとコラボレーション!!

なかむらなおしさんの作品、キッチン騎士を自分だけのオリジナル騎士に大変身!!詳細は美術館エントランスにて。

落語会「キャラクターを聞く!」

一人の人間が何人ものキャラクターを演じ分ける「落語」。ちょっぴり笑えるキャラクターを聞いて楽しみます。どんなお噺かは乞うご期待!!
日時:7月27日(土)14:30~16:00(終了予定)
場所:藁工ミュージアム 展示室内
料金:800円(観覧料含む)
定員:20名
噺家:遊興亭福し満
演目:「青菜」「酢豆腐」
前売り券販売所:高新プレイガイド(7月6日~取扱予定)

遊興亭福し満氏による落語会は須崎、室戸会場でも開催されます!!

朗読会「くノ一ウマ子」+アーティストトーク

絵本「くノ一ウマ子」シリーズの作者・古郡加奈子さんによる朗読会。朗読会終了後はウマ子についてみんなで語ろう!!
日時:8月3日(土)15:00~16:00
場所:藁工ミュージアム 展示室内
料金:観覧料
定員:20名
朗読:古郡加奈子

会期

[日時]7月3日(水)~9月1日(日)
10:00~18:00(入館は17:30まで) 火曜日休館

※7月6日(土)・7日(日)、8月24日(土)・25日(日)は19:00まで開館(最終入館は18:30)
※7月27日(土)は落語会準備の為13:00~開館いたします。なお、落語会開催中は展覧会鑑賞のみのご入場はご遠慮いただきますので、ご了承ください。

料金

一般500円 小中高生250円 未就学児無料
土佐バル割引 一般300円 小中高生150円
※7月27日(土)は落語会の為土佐バル割引料金と同額でご観覧いただけます。

協力・後援

[協力]アトリエコーナス、やまなみ工房
[後援]高知県、高知市、高知県教育委員会、高知市教育委員会、公益財団法人高知市文化振興事業団、高知新聞社、朝日新聞高知総局、讀賣新聞高知支局、毎日新聞高知支局、NHK高知放送局、RKC高知放送、KUTVテレビ高知、KSSさんさんテレビ、KCB高知ケーブルテレビ、エフエム高知、高知シティFM放送

主催・問い合わせ

藁工ミュージアム
TEL.088-879-6800
FAX.088‐879‐6800
info@warakoh.com

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Pin on Pinterest0