藁工ミュージアム

コンセプト展覧会案内開館時間と入館料過去の展覧会ミュージアム日記


Exhibition 展覧会


ワタノハスマイル展 -100のオブジェ 100のともだち-

9月8日(日)~10月6日(日)

概要

2011年3月11日。大きな地震がありました。
小学校の校庭に流れ着いた町のカケラたち。
子どもたちが自由にくっつけ
楽しいオブジェを作りました。

宮城県石巻市の海岸線近くに位置する渡波(ワタノハ)地区は、2011年3月11日の東日本大震災による
津波被害が甚大であった場所の一つです。本展では、震災後に当地区の避難所となった渡波小学校で
立ち上げられたワタノハスマイルプロジェクトのなかで、「がれき」を素材に子どもたちがつくり出
した、元気あふれるオブジェ作品をみなさまにご観覧いただきます。
子どもたちのもつ創造のパワーが、悲しみに満ちた数々のモノに新たな生命を吹き込みました。オブ
ジェのエピソードにもどうぞご注目ください。
小さなアーティストたちによる、可愛らしくてたくましい、ともだちのようなオブジェに会いに来て
ください。

ワタノハスマイルホームページ
www.watanohasmile.jp

関連企画

★トークイベント

「震災後の子どもたちとの経験から -子どものチカラ・創造力・遊び-」
ゲストに犬飼とも氏、聞き手に古川佳代子氏を迎え、プロジェクト実体験からの貴重なお話を伺います。
日時:9月8日(日)14:00~15:30
会場:藁工ミュージアム展示室内
料金:無料※要観覧料
出演:犬飼とも(造形作家・ワタノハスマイル代表)×古川佳代子(NPO法人高知こどもの図書館館長)

★ワークショップ

「海に落ちていたモノでオブジェを作ろう!」
犬飼ともさんと一緒に、海に落ちていたモノを自由にくっつけて楽しいオブジェによみがえらせよう!
会場には高知の海に落ちていたモノ、流木やプラスチックなどをご用意します。
日時:9月8日(日)10:00~11:30
会場:藁工ミュージアム※要事前申し込み(先着順)
対象:小学生とその保護者10組
料金:1組500円(保護者1名の観覧料含)

会期

[日時]9月8日(日)~10月6日(日)
10:00~18:00(入館は17:30まで) 火曜日休館

料金

一般200円 高校生以下無料

協力・後援

[共催]ワタノハスマイル
[協力]NPO法人高知こどもの図書館

主催・問い合わせ

藁工ミュージアム
TEL.088-879-6800
FAX.088‐879‐6800
info@warakoh.com

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Pin on Pinterest0