藁工ミュージアム

コンセプト展覧会案内開館時間と入館料ミュージアム日記


【明日のイベントのお知らせ】トーク「魚梁瀬森林鉄道が私たちを魅了する理由-研究者から愛好家まで」&ワークショップ「大きな丸太を伐ってみよう!!」

2016年10月14日 |

いよいよ明日から「AからZ(アートゾーン)で考える 高知の森林鉄道∞」展が始まります。

今回の展覧会はイベントも盛りだくさん!!

明日は高知大学主催でトークイベントが開催されます!!

■高知大学主催イベント

トークイベント「魚梁瀬森林鉄道が私たちを魅了する理由−研究者から愛好家まで」

日 時:2016年10月15日(土)13:30〜15:30
会 場:蛸蔵(たこぐら)/「土佐バル」隣多目的ホール
参加費:一般300円(観覧券付)/高校生以下無料 ※観覧券、パスポートチケットをご提示の方は無料
登壇者:清岡博基(中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会会長)、赤池慎吾(高知大学地域連携推進センター)、岩佐光広(高知大学人文社会科学部准教授)、松井和彦(TBSビジョン『日本遺産』プロデューサー)、舛本成行(森林鉄道研究家)、浜田光男(高知の電車とまちを愛する会副会長)

登壇者の方はツワモノばかり!!

森林鉄道を愛してやまない愛好家の方から、文化を伝えるものとしての価値を見出されている研究者の方の他、数多くの遺産を紹介するテレビ番組のプロデューサーから見た「魚梁瀬森林鉄道遺産」の魅力などについてもお話しを伺います。

 

また、明日は大きな丸太を伐る体験ができるワークショップコーナーも出現!!

なんとなんと、巷で噂の高知家スター「爺POP」メンバー・山田さんが、ワークショップ講師のお一人です!!

※「爺POP」をまだご存じない方はこちらをチェック!!→

生「爺POP」に会えるチャンス!!

体験ワークショップ「大きな丸太を伐ってみよう!!」

日時:2016年10月15日(土)13:00〜16:30頃までの間ならいつでも体験可
会場:藁工ミュージアム 前庭

 

現在酒井製機関車はミュージアムとバルの間の車庫に入庫中。明日10時前に出庫します。

エンジン音もたまりませんよ♪

皆さまのご来場をお待ちしております!!

matsu


Contact お問い合わせ先

藁工ミュージアム
780-0074 高知市南金田28 藁工倉庫
TEL&FAX.088-879-6800
info@warakoh.com