蛸蔵[たこぐら]

コンセプトイベント案内予約状況利用料金と申込方法過去の公演蛸蔵日記


『楽屋』公演、無事に終了しました。

 admin  2012.11.19 11:09 Edit


蛸蔵の秋の演劇シーズン、終了しました。
気がつけば早、冬の気配。
蛸蔵ももうすぐ開館して1年。
これからもよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ


本日より。

 admin  2012.11.09 01:39 Edit



駐車場移転についてのご案内

 admin  2012.10.30 14:00 Edit


藁工ミュージアム、土佐バル、蛸蔵、ミュージアムショップKioskをふくむ
アートゾーン藁工倉庫の駐車場が11月1日より移転することとなりました。
皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

新しい駐車場は、アートゾーン藁工倉庫北の細い路地沿いにあります。
高知I.C方面から南下し、アートゾーン藁工倉庫すぐ手前を左折します。
ただし、非常に細い路地となっているため、運転に不安のある方は青線のルートから入ることをおすすめします。

なお、蛸蔵などでのイベント時などには、
臨時駐車場を設置する準備もすすめております。
しばらくご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いいたします


『女ともだち』満員御礼。

 admin  2012.10.16 00:31 Edit


劇団シアターホリック『女ともだち』
終演いたしました。

今週末は第1回目にも大好評だった「ふるもの市」が開催されます。
とっても素敵な家具やら道具やらが満載。

是非、足をお運びください。

人気ブログランキングへ


お待たせしました!!

 admin  2012.10.14 11:27 Edit


春の演劇祭が終わり、夏を通りすぎ、高知にも秋の気配がやってまいりましたが
蛸蔵はこれから秋の芸術シーズンがスタートします。

昨日は劇団シアターホリックさんの『女ともだち』の初日でした。

無事に初日を終え、ほっとしたメンバーの皆さん。

劇場内にはいつもの活気が戻り、
冬を迎える前に怒涛の芸術シーズンの開始を予感させる一夜となりました。

本日もまだチケットに余裕があるそうです。
是非、どうぞ。

人気ブログランキングへ


大盛況!!

 admin  2012.08.03 16:10 Edit


四国発上陸のmt schoolが今日から始まりました。

蛸蔵入り口にはマスキングでラッピングされたバンが!!

会場内の雰囲気もかなり素敵です。

そしてさすがマスキングの最大メーカー。
大量のテープが!!

なんと無料で体験できるコーナーもありました。
使いたい放題(笑)
ただ置いている姿もキュートです。

期間中はアートゾーンのあちこちがラッピングされています。
是非、ご来場ください。

人気ブログランキングへ


公開稽古しました。

 admin  2012.07.30 11:07 Edit


高知演劇ネットワーク所属の「劇団シアターホリック」さんが先週末、
広島に公演にいくにあたって、高知で公開稽古をしていました。

高知の芸術文化が蛸蔵から発信されています!!

これからの活動に期待です。

ちなみに公開稽古後はお客さんとアフターティーパーティーが行われました。

蛸蔵お隣の土佐バルからデリバリー。
ご相談によってそんな素敵なプランもできちゃいます。

使っていただく方に合わせてカスタマイズ可能です(笑)

人気ブログランキングへ


やっています!!

 admin  2012.07.20 17:22 Edit


蛸蔵がオープンして気がつけば、半年がすぎました。

賑やかに春を迎え、夏に向けて色々なイベントで利用していただいております。

週末のイベントでしか利用されていないかと思っている方。
蛸蔵は日々の稽古や会議など、気軽に身近なスペースとしても活用可能です。

ちなみに演劇人たちは、本番と同じ環境でどれぐらい稽古できるかということが
よい作品を仕上げるためにとても大切なので
ちょいちょい利用しております。

興味のある方はふらっと覗きにきてくださいね~。

人気ブログランキングへ


言葉とカラダのパフォーマンス。

 admin  2012.06.01 23:54 Edit


実はまだDVDにも目を通さず、Youtubeに上がっている映像も見ず、蛸蔵でHanbun.coの「やぎさんゆうびん」をやってほしくてお願いしたのが去年の暮れくらいのこと。以来半年やっぱりDVDにもYoutubeにも目を通さず、いただいた写真でチラシを作って地味に広報に努めたのがこの1ヶ月。気がつけば公演は明後日のことになってしまったわけで。

さて、Hanbun.coで踊るのは、一昨年帯屋町で100人を率いて踊ったり、県立美術館で「SCRATCH」を制作発表したり18周年のイベントで記念のダンスを踊ったyummydanceの得居幸。そして、ダンスにあわせて言葉がはねるアニメーションを制作したのは、同じく「SCRATH」でアニメーションを担当した山内知江子。

この二人と、Hanbun.coのマネージャーを務める高市さん本日高知入りして、設営から一回目の部分リハを行った。

そしてはじめて生で見る「やぎさんゆうびん」は、想像以上に心をどこかに持って行かれる面白さに満ちていた。映像とダンスの華麗なる融合とチラシでは書き込んだけど、まさにその通り。映像の中でダンスをし、ダンスにあわせて映像がついていく。そこに、童謡から取った音符だけで構成したという音楽が流れ、なんとも静かにトランス状態に持って行かれるのだ。

チラシでも、写真でも、単なる映像でも、この面白さはやっぱり伝わらない。自分もはじめて松山でyummydanceのパフォーマンスに触れるまでは、「こんてんぽらりーだんす?」という感じだった。なにがおもしろいんだとも思っていたし、正直よくわからなかった。が、見終わった時には、mama!milkのふたりの演奏を聴いて「蛸蔵」をつくりたいと思ったように、可及的速やかに高知でも公演してほしいし、企画しましょうよと声をかけてしまっていた。

そもそも、パフォーマンスというのはとても告知が難しい。高知の場合は、もともとダンス文化=よさこいになっているところもあるから、コンテンポラリーは殊更に難しい。それゆえ、その後「企画」が実際に実現するに至った2007年のかるぽーとでの「knewman」公演にしても宣伝美術で関わった高知県立美術館の「SCRATH」にしても、集客に共に大いに苦労する羽目になったのである。今回もやはり同様。土曜日の公演はほぼ満席になったものの、ダンサーもいよいよ濃密さをましていく最終公演である日曜日の夜はまだ空いているような状況で(マジでもったいない)、主催者だからいうのではなく、ホントに相当もったいない状況になっている。

この映像は、今日のミニリハの風景。まだ蛸蔵の会場のスケールを掴むためのリハだけど、映像の光と流れゆく言葉、それと交錯するカラダの「まさにコラボレーション」に息をのんだ。そして、そんなパフォーマンスではないのに、不思議と涙まで出そうになった。
これまでいろいろとパフォーマンスや演劇は見てきたけれど、この手のものはこれまで正直見たことがない。見たのは45分の公演中数分だけで、あとは静かな場面もあるらしいけど、テクニカルな面からも、パフォーマンスの面からも、早く公演当日を迎えたいと思ったのである。

[会場]蛸蔵 高知市南金田28
[日時]6月2日(土)18:30開場/19:00開演
6月3日(日)①13:30開場/14:00開演 ②18:30開場/19:00開演

[料金]一般前売1800円/当日2000円
hanbun.co@hotmail.co.jpまで①お名前②ご希望日時③枚数④連絡先を送信してください。折り返し確認メールを送信いたします。

[公演情報]http://warakoh.com/?p=2085


最終公演。

 admin  2012.05.25 00:40 Edit


ついに演劇祭、最後の上演が始まりました。

そして明日はいよいよ演劇祭最終日。

人気ブログランキングへ