藁工ミュージアム

コンセプト展覧会案内開館時間と入館料過去の展覧会ミュージアム日記


Exhibition 展覧会


倉地雅徳×五十嵐英之
Live with Drawing
〜人はなぜ「絵」を描き続けるのか〜

2015年2月25日(水)~5月6日(水)

概要

圧倒的な数の「絵」が描かれ続けている。
並べられた描画には無数の色彩と曲線が交差し渦巻いている。何が起きているのか。

この取り組みは23年前、若き教員と少年とが出会った時からはじまろうとしていた。
言葉や身振りではコミュニケーションがとれない困難の中、
絵画を仲立ちとした特別な対話のありかた「相互描画法」が誕生した。
その様式は徐々に変化し、二人のコミュニケーションの理想的なカタチとなっていった。
そして描くことが日常となり、二人は今もなお描き合って、何かを確かめ合っている。

現在、五十嵐英之と倉地雅徳とは「絵」を描くことに、理由など必要としていないのかもしれない。
二人は連綿と続く絵画の上に生かされているかのようだ。

本展は20年間続く相互描画法による膨大な数の作品群の一部を紹介する。
また、23年間のなかで、二人の間に構築されていった「描く」という
コミュニケーションのカタチについて精神分析学の視点からもひも解いていく。

二人はなぜ「絵」を描き続けているのだろうか。

五十嵐英之(いがらし ひでゆき)

1964年 京都市生まれ
京都市立芸術大学 大学院 美術研究科博士(後期)課程単位取得退学
現在 倉敷芸術科学大学 芸術学部 准教授

倉地雅徳(くらち まさのり)

1979年 京都市生まれ
1998年 京都市立西総合支援学校(旧京都市立西養護学校)高等部卒業
現在 障害者支援施設 三田こぶしの園

関連企画

Event01/ワークショップ 五感力!「粘土を用いた造形活動」の参観

見学無料(要展覧会観覧券)
日時:2015年3月8日(日) 14:00~16:00
会場:藁工ミュージアム展示室内
講師:造形活動による五感力育成研究 主宰:五十嵐英之(いがらし ひでゆき)
造形作家:水長遥(みずなが はるか)
特別支援学校教員:壷井志保(つぼい しほ)
内容:人と人との関係を育むために「粘土を用いた造形活動」を五十嵐英之氏が提案されます。
五感にはたらきかける粘土には何が求められるのでしょうか。
発達を促すための造形活動に必要な教具・環境づくりとはどんなものでしょうか。
子どもと支援者が一緒にモノとかかわりながら、辿りつけるところはあるのでしょうか。
そんなことを模索するワークショプです。是非、その様子をご参観ください。

Event02/ライブ ドローイング「五十嵐英之×倉地雅徳の描画活動」

見学無料(要展覧会観覧券)
日時:2015年4月18日(土)14:30~16:30(予定)
2015年4月19日(日)10:00~12:00(予定)
会場:藁工ミュージアム展示室内
内容:五十嵐英之と倉地雅徳が23年間描き合っている描画活動を藁工ミュージアムで実施します。現在の描き合いの様子と作品をご覧ください。
協力:障害者支援施設 三田こぶしの園

Event03/講演会「自閉症者と絵を描くことについて」

参加費無料
日時:2015年4月25日(土)14:00~16:00
会場:蛸蔵
定員:100名(要予約)
講師:ラカン派精神分析家 のぞえ総合心療病院 白石潔(しらいしきよし)
内容:精神分析学の立場から自閉症者と絵を描くことの意味についてお話しいただきます。

会期

[日時]2月25日(水)~5月6日(水) 10:00~18:00(入館は17:30まで)
火曜日休館 ※5月5日(火)は開館

料金

一般300円/学生、未就学児無料/障害者手帳所持者とその介護者(1名)無料

協力・後援

[協力]社会福祉法人枚方療育園 障害者支援施設 三田こぶしの園、MORI YU GALLERY、
医療法人精華園 海辺の杜ホスピタル、白石潔(ラカン派精神分析家 のぞえ総合心療病院)、
島本浣(京都精華大学芸術学部大学院芸術研究科 教授)、服部正(甲南大学文学部人間科学科 准教授)、
赤木和重(神戸大学大学院人間発達環境学研究科 准教授)、河村悠介(株式会社京都平安美術 代表取締役)、
古澤弘之(Social Community School バトン・コレッジ代表)
[後援]高知県、高知市、高知県教育委員会、高知市教育委員会、公益財団法人高知市文化振興事業団、
高知新聞社・RKC高知放送、朝日新聞高知総局、読売新聞高知支局、毎日新聞高知支局、
NHK高知放送局、KUTVテレビ高知、KSSさんさんテレビ、エフエム高知、高知シティFM
[助成]四国ろうきん

チラシダウンロード

チラシ:TypeA ダウンロード

チラシ:TypeB ダウンロード

主催・問い合わせ

藁工ミュージアム
TEL.088-879-6800
FAX.088‐879‐6800
info@warakoh.com

Tweet about this on TwitterShare on Facebook276Pin on Pinterest0