藁工ミュージアム

コンセプト展覧会案内開館時間と入館料過去の展覧会ミュージアム日記


Exhibition 展覧会


7人の不思議なアーティストたち
~大阪阿倍野 アトリエコーナス~

4月13日(土)~6月16日(日)

概要

大阪市阿倍野区。下町の住宅街の細く狭い道を奥へ奥へと歩いていくと、アトリエコーナスがみえてきます。
そこでは7人のアーティストがアクリルや色鉛筆、羊毛フェルトなどを自由に使って平面や立体作品を生み出しています。
本展では7人が生み出す、個性あふれる作品とともに、彼らが過ごす場所や彼らの制作の様子も紹介します。
7人の不思議で愛らしいアーティストたちとその作品に触れてみてください。きっと彼らのとりこになるはずです。

出展作家

植野康幸 Ueno Yasuyuki
大川誠 Ookawa Makoto
直子 Shiraiwa Naoko
中村大輝 Nakamura Hiroki
西岡弘治 Nishioka Kouji
山下拓泉 Yamashita Takuzumi
吉川真美 Yoshikawa Mami

第65回高知市文化祭参加行事

関連企画

トークショー「アトリエコーナス 小さな作業所からうまれる大きな動き」

日時:2013年5月25日(土)13:00~14:00 終了いたしました。
会場:藁工ミュージアム展示室内
参加費:観覧料
定員:20名(要予約/先着順)
出演:アトリエコーナス主宰 白岩高子 Shiraiwa Takako /PR-y代表 笠谷圭見 Kasatani Yosiaki
アトリエコーナスの魅力にひかれ、書籍「CORNERSTONE」の刊行、ファッションブランドとのコラボ、そしてフランスのアール・ブリュット研究機関、abcd協会への橋渡しなどを行ってきた活動団体、PR-y(プライ)の代表、笠谷圭見氏と、アトリエコーナス主宰白岩高子氏によるトークショー。アトリエコーナスに集まる人の視点と、アトリエコーナスを発信していく視点、両者からみた作業所の可能性についてお話いただきます。
*PR-y:知的障害者施設などで生み出された優れた作品を発掘し、海外の研究機関などと連携して、日本のアール・ブリュットの魅力を国内だけでなく世界に向けて発信することを目的に活動する団体。ファッションブランドとのコラボや、海外の映像作家やアート関係者と連携している。http://www.pr-y.org/)

ライブペインティング

日時:2013年5月25日(土)14:00~15:00 終了いたしました。
会場:藁工ミュージアムエントランス
参加費:無料
アトリエコーナスメンバーによるライブペインティング。

ギャラリートーク

日時:会期中毎週土曜日 14:00~(30分程度)終了いたしました。
担当学芸員による作品、作家解説を行います。

5/18(土)は高知県立美術館学芸員をお招きしての特別ギャラリートークを開催します。終了いたしました。

 

出張ギャラリートーク

5/12(日)終了いたしました。6/16(日)14:00〜15:00終了いたしました。

高知県立美術館にて藁工ミュージアム学芸員が出張ギャラリートークを開催。

アール・ブリュット美術館学芸員ならではの視点からアール・ブリュット作品の面白さについてお話します。

 

会期

[日時]4月13日(土)~6月16日(日)
10:00~18:00(入館は17:30まで) 火曜日休館

料金

一般500円 小中高生250円 未就学児無料

*高知県立美術館で開催中の「アール・ブリュット・ジャポネ」展の半券をお持ちの方は

一般300円 小中高校生150円に割引いたします!!

協力・後援

[協力]アトリエコーナス、PR-y

[特別協力]高知県立美術館

[後援]高知市教育委員会、高知県教育委員会、財団法人高知市文化振興事業団、高知新聞社、朝日新聞高知総局、讀賣新聞社高知支局、毎日新聞高知支局、NHK高知放送局、RKC高知放送、KUTVテレビ高知、KSSさんさんテレビ、KCB高知ケーブルテレビ、エフエム高知、シティFM高知

主催・問い合わせ

藁工ミュージアム
TEL.088-879-6800
FAX.088‐879‐6800
info@warakoh.com

Tweet about this on TwitterShare on Facebook217Pin on Pinterest0