藁工ミュージアム1周年記念特別講演会
「日本のアール・ブリュットの
現在とこれから」">

藁工ミュージアム

コンセプト展覧会案内開館時間と入館料過去の展覧会ミュージアム日記


Exhibition 展覧会


藁工ミュージアム1周年記念特別講演会
「日本のアール・ブリュットの
現在とこれから」

12/23(日)

13:30~15:30

概要

藁工ミュージアム1周年特別記念展「スーパー・ワールド・オン・ペーパー 古久保憲満と松本寛庸」期間中、
藁工ミュージアム開館1周年記念日に、本展監修者の保坂健二朗氏を講師にお招きし、本展開催にいたるまでの経緯から、
現在、日本のアール・ブリュットがどのような状態にあるのか、また今後についてなどお話いただきます。

[日時]12/23(日) 13:30~15:30(講演/質疑応答含む)
[会場]蛸蔵
[講師]保坂健二朗(本展監修者/東京国立近代美術館 主任研究員)
[定員]100名(要予約/定員になり次第〆切)
[参加費]無料

関連企画

藁工ミュージアム1周年特別記念展「スーパー・ワールド・オン・ペーパー 古久保憲満と松本寛庸」

藁工ミュージアム開館1周年を記念し、監修に保坂健二朗氏、
アシスタントディレクターに小林瑞恵氏をお招きして展覧会を開催いたします。
本展でご紹介するのは古久保憲満と松本寛庸の2名の作品です。
両作家とも、幼少期から絵を描き始め、現在も、多くの絵画作品を描いています。
彼らにとって、真っ白な紙は新しい世界への入り口であり、平面は四次元をも超えた世界へ拡がっていきます。
今回の企画は、二人が描き続ける独自の「世界」を「スーパー・ワールド」と題して一つの展覧会へ結集させています。
対照的なふたりの「スーパー・ワールド・オン・ペーパー」をぜひご覧ください。
[日時]2012年12月15日(土)~2013年2月11日(月・祝)
10:00~18:00(入館は17:30まで)
火曜休館 末年始休み12/30(日)~1/3(木)
[料金]一般500円 小中高校生250円 未就学児無料

プロフィール

保坂健二朗(ほさかけんじろう)
東京国立近代美術館主任研究員
慶応義塾大学大学院修士課程修了(美学美術史学分野)。
2000年より現職。企画した展覧会に『建築がうまれるとき ~ペーター・メクリルと青木淳』展(東京国立近代美術館、2008年)、
『現代美術への視点6 ~エモーショナル・ドローイング』(東京・京都国立近代美術館、2008年)、
『この世界とのつながりかた』(ボーダレス・アートミュージアムNO-MA、2009年)、
『建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション』展(東京国立近代美術館、2010年)など。
共著に『青木淳JUN AOKI COMPLETE WORKS(1)1991-2004』(INAX出版、2004年)、
『丸山直文全作品集1988-2008』(求龍堂、2008年)、『キュレーターになる!アートを世に出す表現者』(フィルムアート社、2009年)など。
『すばる』『朝日新聞』で連載。武蔵野美術大学非常勤講師も務める。

公演情報

[日時]12月23日(日) 開場/13:00~ 開演/13:30~
[会場]蛸蔵(アートゾーン藁工倉庫)
[料金]無料
[チケット取扱]なし(ただし定員に達し次第〆切)
[後援]高知県教育委員会・高知市教育委員会・公益財団法人高知市文化振興事業団・高知新聞社・朝日新聞高知総局・讀賣新聞社高知支局・毎日新聞高知支局・RKC高知放送・KUTVテレビ高知・KSSさんさんテレビ・KCB高知ケーブルテレビ・エフエム高知・高知シティFM放送

主催・問い合わせ

藁工ミュージアム
088-879-6800
info@warakoh.com
http://warakoh.com/museum

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Pin on Pinterest0