蛸蔵[たこぐら]

コンセプトイベント案内蛸蔵利用申込み過去の公演蛸蔵日記|サポート会員(準備中)


Event イベント案内


Hanbun.co 『やぎさんゆうびん』

2012年6月2日(土)〜6月3日(日) ※1日(金)はワークショップあり

2日(土)18:30開場/19:00開演
3日(日)①13:30開場/14:00開演 ②18:30開場/19:00開演

概要

しろやぎさんから おてがみついた
くろやぎさんたら よまずにたべた
しかたがないので おてがみかいた
さっきのてがみの ごようじなあに

くろやぎさんから おてがみついた
しろやぎさんたら よまずにたべた
しかたがないので おてがみかいた
さっきのてがみの ごようじなあに
JASRAC 出1103556-101

誰かとつながることって孤独とつながることだと
やぎさんたちが、お腹のなかで、ささやいた。


公演情報

[日時]2012年6月2日(土)18:30開場/19:00開演
2012年6月3日(日)①13:30開場/14:00開演 ②18:30開場/19:00開演

チケット販売情報

[料金]一般前売1800円/当日2000円

————————————————
予約方法-かんたんメール予約
————————————————
hanbun.co@hotmail.co.jpまで
①お名前②ご希望日時③枚数④連絡先を送信してください。
折り返し確認メールを送信いたします。

————————————————
予約方法-チケット取り置きサービス
————————————————
下記リンクよりお申し込み下さい。
クレジットカード、銀行振込、ゆうちょがご利用になれます。
http://tacobooks.shop-pro.jp/?pid=42508908

[チケット販売所]4月下旬から発売予定。アートゾーン藁工倉庫kiosk、terzotempo、竹村活版室を予定

関連企画

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
楽しいワークショップも開催!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
前日の1日にはワークショップ
「からだばかり大きくて、する事は子どもだ!」も行います。
高校生以上、経験不問の楽しいワークショップです。
こちらもお気軽にご参加下さい。


映像とカラダの関係を、参加者一人一人が自由に想像し、
動き、小さな作品を作ります。
子どものような、大人のような、歌っているような、
叫んでるような、予感させる世界。
それぞれから生まれる、小さくて大きな発明を一緒にしてみましょう。

6月1日[金]19:00〜21:00 at 蛸蔵
参加費◎2,000円 参加条件◎高校生以上・経験不問
こちらも予約はhanbun.co@hotmail.co.jpまで。

ハンブンコについて

Hanbun.co(ハンブンコ)は、チェコアニメ作家・美術作家の”山内 知江子(ヤマウチチエコ)”と、振付家・ダンサーの”得居 幸(トクイミユキ)”により2010年に結成されたユニットです。Hanbun.coが仕掛けるプロジェクト(作品)は、主に童謡をモチーフに創られます。
『何層にも包まれた言葉の真ん中には、一体何があるのだろう…。』童謡からインスパイアーされた私たちの作り出す世界をパカッと半分にしてその真ん中を見て欲しい。作品を共有するという事は、半分ずつ持って一緒に食べているということ。誰かと一つのモノを”ハンブンコ”する感覚は、どこか懐かしくて暖かい。それは童謡を歌い継いでいくことに似ています。私達は、新たな世
界を立ち上げながらもその感覚を忘れず、次々と繋がっていく世界を、観客の皆さんと一緒にハンブンコしていきたいと思います。
童謡に歌われた風景や風俗や時代背景などを、もう一度〈現代〉の視点から見つめ直す事で、そこには昔歌い伝えたかった事が今の私たちにはどのように響いてくるのか、また今だから見えてくる新たな世界を、Hanbun.co独自の視点から映像と身体で新たな世界を立ち上げます。
子どもには勿論、子どもだった大人への新たな世界の投げかけになればと思います。

Hanbun.coホームページ→http://hanbuncochan.blog55.fc2.com/

得居 幸
ドイツの振付家アマンダ・ミラー氏に才能を見いだされ、ダンスカンパニーyummydanceやソロ活動において、振付家/ダンサーとして多数作品を制作・上演。振付家の登竜門でもある「トヨタコレオグラフィーアワード」にて、ファイナリスト選出2回。作家として全国的に高い注目を集める。また海外招聘公演や、アーティストとの共同作品制作も行うなど、活動は国内にとどまらない。

山内 知江子
プラハでの5年におよぶアニメーション/人形劇舞台美術の勉強を経て帰国。その後、舞台美術/映像/アニメ作家として多数の作品を提供・単独上演を行う。その精密で繊細な作品は高い評価を得ており、東京「アートスクエアビル」でのオリジナル作品の上演はチケットSOLDOUTとなり好評を博す。高知県立美術館より委託を受け、アニメーションワークショップを行うなどアニメーションの普及にも力を注ぐ。

staff

主催◎特定非営利活動法人ART NPO TACO
後援◎RKC高知放送・高知新聞社・KUTVテレビ高知・KSS高知さんさんテレビ
企画/製作◎Hanbun.co
制作協力◎タカイチトモミ
音楽◎NO69
美術助手◎たま屋
衣裳協力◎けんちゃん / 三谷耕作
宣伝美術◎タケムラデザインアンドプランニング

主催・問い合わせ

特定非営利活動法人ART NPO TACO
taco@xf.moo.jp(タケムラ)
作品に関するお問合せは、hanbun.coまで直接お願いいたします。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook510Pin on Pinterest0